【英語名言解説】ヘンリーフォードに学ぶ

教養

ヘンリーフォードに学ぶ

シマクニ
シマクニ

今回の名言はヘンリーフォード。フォードモーターの創始者で、自動車王と呼ばれています。

T型フォードで有名ですが、この成功者もまた失敗の繰り返し。それでも諦めない精神が偉業を成し遂げました。

単によく売れる車を作っただけではありません。何がすごいのか、一緒にみて、その後英語の名言で解説していきます。ぜひ楽しみにしていてください。

19世紀の終わりころ(日本の明治時代)、一部の富裕層しか乗れない高価な自動車を庶民が手にするようにした、ヘンリーフォードは、自動車王と呼ばれています。

彼は84歳で引退するまで仕事を続けました。

この人の生い立ちからを振り返ってみましょう。

自動車王:ヘンリーフォード

1863年(日本でいう江戸時代の終わりごろ)に、アメリカミシガン州の牧場の家に生まれた 裕福な暮らししており、小さなころから機械いじりが好きでした。

農業をするのがいやで、16歳で家を出てデトロイトで働きだし、何回か転職を繰り返し、エジソンの照明会社でも働きました。

その頃のエジソンは白熱電球など発明、のび盛りの会社でヘフォードがむしゃら働き、会社でのチーフエンジニアまで昇進。ここでいろんな技術を学んでいます。

一方、会社から帰ったら自分の家の倉庫で、ガソリン車を作ろうと一人で格闘。安藤百福?楽しくて仕方なかったと。そしてとうとうエンジンも含め簡単な車を完成。

これが完成したので、自動車会社を作ろうとするが、車の会社は、結構お金が必要なので投資家を募り、会社を何社も設立するのですが、コストが合わない、経営陣とそりが合わない、けんか別れなど、なんと5回も破産しているのです。

この頃になると、もうフォードは、協調性のなさから、自動車業界の嫌われ者として敬遠されていました。

誰からも相手にされなくなったフォードですが、破産するたびに、折れることなく行動するフォードはすごいですね。

また新しい技術は云々と投資家に投資を募ります。

投資家達は何度も失敗するフォードにムカつきながらも、またまたフォードに出資をするのだった。皆、フォードの人格は大嫌いだったが、フォードの持っている”技術”には未来を感じていた、ということです。

そして、 1908年 T型フォードを発表

当時、自動車は手作りで富裕層のみ3000~4000ドルであったのに対して、その3分の1の値段825ドルで安全な車を売り出し大ヒットしました。

世界を変えた!

大量生産の基礎となるモデルを確立(ベルトコンベヤー ライン生産)

コスト削減、生産力アップ、利益増大

この生産方式は、他の産業でも取り入れられ、工場生産の発展に貢献

また、優秀な労働者を集めるため、従業員の給料を2倍に

数万人の雇用を生み出し、地域に貢献。

エピソード

ヒットラーとの関係

反ユダヤ主義者、若きヒトラーがフォードの本を読み、ナチスへの思考が生まれています。フォードはナチスに対し巨額の資金や軍事車両の提供を行い、ヒットラーはフォルクスワーゲンにフォードの生産方式を取り入れたのでした。

大統領候補者

1924年、大統領選挙の候補者として人気第一位に輝きました。実際に出馬することはありませんでしたが、農民出身で、アメリカンドリームを体現したフォードに、アメリカ市民は絶大な尊敬をおくりました。

頑固な独裁者

フォードは、自己中心的な性格、他人の意見を無視。協調性のなさ、、など、我が道を行く人だったからこそ、世間の常識を打ち破り、自動車革命を起こすことができたのです。
実は、アメリカでは今でいうKY野郎と呼ばれていました。

英語名言まとめ

1.Whether you believe you can do a thing or not, you are right.
本人ができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもその人が思ったことは正しい。

2. My best friend is the one who brings out the best in me.
我が親友とは、最高の私を引き出してくれる友だ

3. There is no man living who isn’t capable of doing more than he thinks he can do.
どんな人間も、自分が思っている以上のことができる。

4.Indecision is often worse than wrong action.
決断しないことは、ときとして間違った行動よりたちが悪い。

5.Don’t find fault, find a remedy; anybody can complain.
あら探しをするより改善策を見つけよ。不平不満など誰でも言える。

6. It is not the employer who pays the wages. Employers only handle the money. It is the customer who pays the wages.
賃金を払うのは雇い主ではない。雇い主は、ただ金を扱っているだけ。賃金を払うのは顧客である。

7. If money is your hope for independence you will never have it. The only real security that a man can have in this world is a reserve of knowledge, experience, and ability
金で自由が買えると思うのは誤りだ。この世で本当にたよりになるのは、知識と経験と能力だけである。

8. Obstacles are those frightful things you see when you take your eyes off your goals.
障害がおそろしいものに見えるのは、目標から目を離すからだ。

9. Failure is simply the opportunity to begin again, this time more intelligently. There is no disgrace in honest failure; there is disgrace in fearing to fail. 
失敗とは、より賢く再挑戦するためのよい機会である。まじめな失敗は、なんら恥ではない。失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む。

10. It has been my observation that most people get ahead during the time that others waste.
たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。

タイトルとURLをコピーしました