派遣で働くことのメリット・デメリット

働き方

派遣で働くことのメリット・デメリット

シマクニ
シマクニ

みなさんこんにちは。シマクニチャンネルです。

今日は皆さんから質問が多い「派遣社員として働くことのメリット・デメリット」に関してお話します。

私は今、語学系の人材派遣会社を経営していますが、独立するまでは、正社員で10年、また派遣社員として2年働いていました。

ですので、私の派遣社員時代の経験話も含めつつ、次の3点をお話します。

  1. 派遣社員として働くメリット・デメリット
  2. 派遣先企業が求める人材像
  3. 幸せな派遣社員としての働き方

人材派遣とは

さて、本題に進む前に、「人材派遣」というものを一言で表すと何かご存じですか?

実は、人材派遣とは

「必要な時に必要な即戦力を派遣する」

というものなのです。必要な期間、必要な即戦力です。ここを理解してくださいね。

派遣社員として働くメリット・デメリット

私のケースからお話しします。正社員時代は輸入住宅の会社で貿易業務を10年間したあと、2年間派遣社員として2社で働きました。1社目はスポーツアパレルメーカーで貿易の仕事をしました。その時は産休の人の代替えで、3か月のみ。まさに必要な即戦力の仕事でした。

その次の会社が外資系機械メーカー。ここでは社内翻訳通訳の仕事をしました。貿易の仕事をしていると、契約交渉の時に通訳者に入ってもらうのです。その時自分の力不足を感じたので、英語で契約書が書けて交渉できるまでになりたいと思い、グローバル会社での社内翻訳通訳の仕事があったのでそこに行きました。この会社での仕事は非常に面白く、主に経営関連のもので大変勉強になり、今の私に大きな影響を与えてくれました。

で2社で経験した中で感じた派遣で働くことのメリット・デメリットをまとめます。

メリットは、これまでのキャリアを活かして、正社員では入れないような会社で働くことができるということです。しかも、自分が望む勤務場所・期間と合う会社を選ぶことができる、という点です。

デメリットは、雇用が不安定であることです。派遣社員は契約期間が3か月とか半年とか、細切れで、同じ職場で3年までしか働いてはなりません。

また時給計算なので休みが多い月は月給が減ります。

また、1社目・2社目と、スキルを磨くことができたものの、そのスキル以外の仕事をさせてもらうことはできません。というのも、派遣先との契約で何の仕事をするかと決まって派遣されていますので、ある程度の幅の仕事しかできません。この点が、向上心が高い人には物足りなくなると思います。

派遣社員として働くメリット・デメリットを理解したうえで、自分のライフスタイルに合う働き方を選ぶのが良いかと思います。

実は、コロナの数年前から人材不足で、良い人材を確保しようと、派遣社員を正社員化する会社が増えてきました、晴れて正社員になった元派遣社員、なんと正社員を辞めてまた派遣社員に戻るという現象が多く起こっていました。これは「正社員疲れ」と言うもので、正社員になったとたん、責任感のある仕事が増えたことに嫌気をさした結果です。

安定をとれば自由がなくなり、自由をとれば安定がなくなります。 今の自分に大切な優先順位を明確にし、働き方を選ぶことが重要になってきます。

企業側が望む人材

企業側は派遣会社へ、まず「このようなスキルを持った人をこの仕事をしてほしい」という具体的な仕事内容と必要スキルを言ってきます。

私は企業側の担当者の方と話をするので、いろんな話を聞きます。

大手企業の場合、派遣社員の受け入れも慣れていて、どんなタイプの人がその会社と相性が合うか、だいたい相手はわかっているのです、

会社にもよりますが、大手企業の場合は、大手企業で働いたり、社会経験の豊かな人が合います。というのも、規模が大きい会社の場合、それぞれの立ち位置というものが決まっていて、それを超えてものを通すことは、いざこざのもとになるからです。

ですので、うちの派遣社員の中でも、派遣先業からこの人は素晴らしい、と言われている人は、もちろん仕事にミスが少なく、手が早い、人ですが、それ以上に、人間関係の立ち位置を把握していて、自分の役割に徹する人です。逆に、こちらの方に文句を言われる人は、その立ち位置を超えて自分で意見を言ってしまう人です。 求人票には書けない様々な事情があります。

派遣社員として幸せな働き方

弊社は人材会社であり、様々な人の働き方を見ています。

私自身に照らし合わせても、派遣社員時代は結構楽しかったと思っています。

いろんな企業で働けてたくさんの人と知り合い、時間に余裕ができたので、通訳や翻訳の勉強をしっかりできました、また、私は独立をしたかったので、最後の会社での経験と築いた人脈が大きな財産となり今につながっています。本当にありがたい話です。

このように、派遣で働きながらも、目標をもって何かに取り組んでいればすごく幸せな気持ちになります。そうすれば雇用の不安定などの不安なんて一切なくなります。

いやいや、そうではなくて正社員の仕事がないので派遣で働いているという方も多くいます。その場合は、次の仕事は時給が10円でも高くなるよう、スキルをどんどんつけていくことが重要であります。

キャリアアップを求めない、またはプライベートを充実させる働き方をするのも一つです。 自分の心の中に、これをやるんだという目標が常にある人は、どんな状況でも強く、物事を長期的な目で見ることができるようになるので、心に余裕が持てるようになります。

まとめ

では、まとめです。

1)今日は派遣社員として働くことのメリットは、自分のキャリアを活かし、自分の条件に合う会社で働くことができる。自由がある分、雇用面では不安定であることがデメリットです。

2)企業が求める派遣社員は、求めるスキルがあることに加えて、職場の人間関係と自分の役割を把握している人

3)幸せな派遣社員の働き方  目標をもって、空いた時間をスキルアップや自分のプラスになることに投資する。

正社員でいても会社が倒産することもあります。どんな働き方でも、自分が納得して、そして常に前進しているという感触をもって望めば、良いのです。

本日の名言

The only way to do great work is to love what you do.
If you haven’t found it yet, keep looking.

すばらしい仕事をする唯一の方法は、自分のやっていることを好きになることだ。
まだそれを見つけていないのなら、探し続けなければいけない。

 - スティーブ・ジョブズ -

日本語のことわざでいえば、好きこそ物の上手なれですね。

誰でも人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ。その好きなものを見つかっていない人は、探し続けるべきであると言っています。

シマクニ
シマクニ

今一つ自分の足元に目をやって、今できることが何か、から探ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました